トップページ > 卒業生の紹介
卒業生の紹介

田中 角栄(たなか かくえい)

田中 角栄
戦争で消失した学校復興に同窓生とともに代表として尽力され、その後、同窓会から推されて校長に就任、総理大臣になられるまで公務多忙の中、19年間ほとんどの入学式、卒業式に出席され式辞を述べられています。当時の卒業生は、卒業証書のほか、「末ついに 海となるべき山水も しばし木の葉の 下くぐるなり」と揮毫された色紙も贈られました。
大正 7年5月4日 新潟県刈羽郡大字坂田に生まれる
昭和11年 中央工学校土木科卒業
昭和12年 神田錦町に共栄建築事務所開設
昭和18年 田中土建工業株式会社設立
昭和22年 第23回総選挙にて28歳の若さで初当選
昭和23年 第2次吉田内閣で法務政務次官に
昭和28年 中央工学校校長に就任
昭和32年 第2次岸内閣で郵政相に就任
昭和37年 第2次池田内閣で大蔵相に就任
昭和39年 中央工学校理事長に就任
昭和40年 自民党幹事長に就任
昭和46年 第3次佐藤内閣で通産相に就任
昭和47年 日本列島改造諭を発表
      第64代内閣総理大臣に就任
      中央工学校理事長・校長を辞任
昭和49年 田中内閣総辞職
平成 5年12月没
田中 角栄

ページの先頭へ

長尾 勝馬(ながお かつま)

長尾 勝馬
建築を学ぶ者なら必ず手にしている名著。技術者の支えとなる数々の著作を残され、建築教育界でご活躍をされました。

明治33年5月11日 香川県丸亀市に生まれる
大正11年 中央工学校建築科本科卒業
大正14年 東京市(都)建築局技手
昭和 4年 大阪市立都島工業高等学校教諭
昭和42年 大阪工業技術専門学校建築科教授(主幹)
昭和52年 同上退職
昭和56年9月没

主要著作 「建築の新透視図法」(学芸出版)
「日本建築(上)(下)」<共著>(学芸出版)
「新建築の構造(上)(下)」<共著>(学芸出版)
「新しい建築の製図(上)(下)」<共著>(学芸出版)
「新製図法入門」(学芸出版)
「二級建築士 建築構造」(学芸出版)
「わかり易い建築講座 木造の建築」(彰国社)
「わかり易い建築講座 設計製図」(彰国社)
「図解 木造建築の知恵」(理工図書)
(続)「図解 木造建築の知恵」―秀れた技術者となるために―

ページの先頭へ